クレンジングと洗顔の違いとは?両方必要な理由

クレンジングと洗顔の違いとは?両方必要な理由

日々お仕事に、恋人との付き合いに、友人達の集まりにばっちりメイクを決めて楽しんだ後は
綺麗に洗い流してすっぴんで肌も心もゆっくりさせたい。

 

 

けれどクレンジングと洗顔両方するなんて面倒くさい、
どちらか一つでいいんじゃないの?と簡単に済ませてしまう貴方の肌の汚れはまだ落ち切ってはいません。

 

 

メイクやほこりが付いたままの肌では肌の自然なターンオーバーの周期を妨げたり肌にとってよくありません。
両方の違いをきちんと理解することで、素肌を今よりもっと綺麗にすることが出来ます。

 

 

まずクレンジングは顔の油分を落とすものです。油分に分類されるのは主にファンデーションや
マスカラなどのメイク。

 

 

オイル、クリーム、ジェルタイプと様々な種類がありますが、油分を落とす方法は基本的に
クレンジングに含まれる界面活性剤で水と油を馴染ませ、混ざり合ったところで汚れを洗い流します。
水だけ、洗顔料だけだと上手く水と油が混ざらないため、メイクを落としきれないのです。

 

 

睡眠時にも肌から油分は分泌されているので
もし朝から肌がべたべたしてメイクがのらない時にはクレンジングしても構いません。

 

 

マスカラや口紅などの部分的に濃いメイクは先に専用のリムーバー等で落としておくと、
すっきりとメイクが落としきれます。どうしても今日は疲れてて面倒・・・というときには
簡単シートタイプもあります。

 

油分を落としたら、次は洗顔で顔についたほこりと肌のターンオーバーによって剥がれ落ちた
古い角質を洗い落とします。睡眠時にもほこりはつくので朝は洗顔をするのがおすすめです。

 

 

種類は固形石鹸、クリーム、パウダーなどありますが、どれにも共通するのはしっかり
掌で泡立ててからお肌に使うこと。泡になっていない状態で肌にのせて洗うと、
手が肌に直接触れることになり、肌を傷つけてしまいます。

 

 

手でもこもこの泡を作り、手が肌に触れないように泡で肌を洗いましょう。

 

 

クレンジングにも洗顔にもそれぞれ違う肌の汚れを落とす役割があり、
どちらも綺麗な肌を保つにはかかせません。最近では洗うときにも肌が突っ張ったり、
さっぱりしすぎるのが苦手な人用にも保湿成分が含まれているものも売られています。

 

 

自分の肌の具合によって適切なタイプのものを使い分けましょう。

 

乾燥肌にはしっとりしたクリームタイプでメイクを落とし、
パウダータイプの泡で肌を柔らかくする、などそれぞれの効果をしっかり把握し、
両方使いこなすと素肌でも綺麗、メイクののりもばっちりになる素敵な女性になれますよ。